人が死なない防災(^^)

人が死なない防災

「伝わらなければゼロである」これから起きる災害は南海トラフ巨大地震と首都直下地震だけではありません!次に災害が起きた時、一人でも多くの命を救えるように情報を発信していきます!

人が死なない防災

これまでに日本で発生した巨大地震 昭和南海トラフ・東日本大震災

1.東日本大震災

日本で起きた最も規模の大きな地震は2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震です。地震の規模は観測史上最高のマグニチュード9.0。当初はM7.9→M8.4→M8.8と度々修正されていましたが、国内の地震計だけでは正しい規模が算出できなことがわかり、フィンランドなど海外の地震計のデータも使って計算しなおしたところM9.0と判明しました。

f:id:kum-ilo-61:20190204214936p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

2.千島列島地震

2007年1月13日、千島列島東方沖を震源とする巨大地震が発生しました。地震の規模はマグニチュード8.2と日本の周辺でも10年に一度起きるかどうかの巨大地震でした。震源が日本列島から若干離れていたため強い揺れには襲われませんでしたが、北は北海道、南は関東や近畿でも揺れを感じました。

f:id:kum-ilo-61:20190204214941p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

3.北海道東方沖地震

1994年10月4日、北海道東方沖を震源とする巨大地震(M8.2)が発生しました。この地震では釧路で震度6の激しい揺れを観測したほか、北海道から近畿にかけての広い範囲で揺れを感じました。

f:id:kum-ilo-61:20190204214946p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

4.十勝沖地震

1952年3月4日、北海道の十勝沖を震源とする巨大地震(M8.2)が発生しました。十勝沖では巨大地震が度々発生していますが、この地震はその中でも規模が大きく、北海道内で震度5の強い揺れを観測したほか、近畿や中国地方でも揺れを感じました。

f:id:kum-ilo-61:20190204214953p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

5.小笠原諸島西方沖地震

2015年5月30日、小笠原諸島西方沖の深さ682kmを震源とするマグニチュード8.1の巨大地震が発生しました。深い場所で発生する地震としては世界最大規模で、1923年に地震の観測が始まって以来初めて、47都道府県すべてで揺れを感じました。

f:id:kum-ilo-61:20190204215000p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

6.択捉島地震

1963年10月13日、北海道の択捉島沖を震源とする巨大地震(M8.1)が発生しました。択捉島には観測点がないため震源周辺の震度などは分かりませんが、北海道で震度4の揺れを観測しました。

f:id:kum-ilo-61:20190204215007p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

7.択捉島地震

1958年9月8日、北海道の択捉島沖を震源とする巨大地震(M8.1)が発生しました。この地震では北海道の釧路で震度5の強い揺れを観測したほか、北海道から関東甲信にかけて揺れを感じました。

f:id:kum-ilo-61:20190204215013p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

8.昭和三陸地震

1933年3月3日、東北の沖合を震源とするマグニチュード8.1の巨大地震が発生しました。この地震は明治三陸地震に誘発されたとみられています。この地震日本海溝より太平洋側で発生していて、この海域で巨大地震が発生すると高い津波が発生するとされています。

f:id:kum-ilo-61:20190204215018p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

9.十勝沖地震

2003年9月26日、北海道の十勝沖でを震源とする巨大地震(M8.0)が発生しました。21世紀に入って最初の巨大地震で北海道の広い範囲で震度6弱の激しい揺れを観測したほか、北海道から関東や北陸にかけて揺れを感じました。

f:id:kum-ilo-61:20190204215023p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

10.昭和南地震

1946年12月21日、和歌山県の沖合を震源とする南海トラフ巨大地震(M8.0)が発生しました。当時は震度の観測点が少なかったため最大震度は5ですが中部地方から九州にかけての広い範囲で震度5を観測したほか、北海道でも震度3の揺れを観測しました。この2年前にも南海トラフマグニチュード7.9の地震が発生しています。

f:id:kum-ilo-61:20190204215029p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

 

おすすめ記事 

 

日本で観測された震度7の全記録 阪神淡路大震災、中越地震、東日本大震災、熊本地震、北海道地震

1.阪神淡路大震災

日本で初めて震度7が観測されたのは1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震(M7.3)です。この時、震度は6と発表されましたが、のちの現地調査で神戸市やその周辺で震度7と判定されました。現在ではこの制度は無くなっていますが、当時は震度計によって記録する震度が0~6までの7段階で、震度6の地域を現地調査して家屋の倒壊率が30%を超えた場所を震度7と判定していました。またこの地図を見ればわかりますが、今と比べて観測点が非常に少なく、局地的な激しい揺れは記録できませんでした。この地震で6000人以上が犠牲になりました。

f:id:kum-ilo-61:20190203225939p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

 f:id:kum-ilo-61:20190203225853p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

2.新潟県中越地震

阪神淡路大震災以来、9年ぶりの震度7新潟県で観測されました。2004年10月23日に発生した新潟県中越地震(M6.8)です。この時は当初最大震度6強と発表されていましたが、データが収集できていなかった観測点の観測記録を分析したところ震度7だったことがわかりました。新潟県中越地震震度6強を観測する余震が2回発生するなど群発地震ともいえる状況になりました。この地震で68人が犠牲になりました。

f:id:kum-ilo-61:20190203225901p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

3.東日本大震災

2011年3月11日、東北地方の沖合を震源域とするマグニチュード9の超巨大地震東北地方太平洋沖地震が発生しました。震源が陸から遠く離れているにも関わらず震度7を観測したことからも地震の規模の大きさがうかがえます。またこの地震では震度7が初めて速報として発表されました。この地震による犠牲者は震災関連死も含めると2万人を超えています。

f:id:kum-ilo-61:20190203230221p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索 

4.熊本地震

1回目の震度7

東日本大震災から5年がたった2016年4月14日、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生しました。内陸の地震としては実に12年ぶりに震度7が観測されました。他の地震に比べて地震の規模は小さめですが、震源が浅かったため、局地的に揺れが大きくなったとみられています。

f:id:kum-ilo-61:20190203225914p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

2回目の震度7

熊本県で初の震度7から28時間後、またしても熊本県熊本地方を震源とする地震が発生しました。この時の地震は1回目の震度7よりも規模が大きく(M7.3)、西日本の広範囲で揺れを感じました。またこの地震では益城町西原村から震度のデータが入らず、当初は最大震度6強とされていましたが、のちに現地で震度計を調べたところ、震度7を観測していたことがわかりました。一連の地震による死者は震災関連死も含めると200人を超えています。

f:id:kum-ilo-61:20190203225927p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

4.北海道胆振東部地震

2018年9月6日、北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。北海道で初めて震度7を観測した地震です。この地震でも当初は震源付近の震度計からデータが入らず、最大震度は6強とされていましたが、現地で震度計を調べたところ震度7を観測していたことがわかりました。震度7の揺れでは震度計からデータを正常に遅れなくなることが多く、今後の課題とされています。(震度の情報が入らないと、被害の中心が把握できず、救助の遅れにつながる恐れがある)

f:id:kum-ilo-61:20190203225933p:plain

出典:気象庁|震度データベース検索

 

おすすめ記事 

 

なぜいつも、ノーマークの場所で地震が起きる?南海トラフ・首都直下はいつ?

南海トラフ巨大地震はいつ起きてもおかしくない」「首都直下地震が30年以内に発生する確率は70%」「北海道でもマグニチュード9の地震か?」と散々聞こえてくるのに、実際に地震が起きるのはいつもノーマークの場所、と思っている方も多いと思います。事実、2011年東日本大震災、2016年熊本地震、2018年大阪北部地震、同じく2018年の北海道胆振(いぶり)東部地震と普段、あまり聞かない場所で大地震が相次いでいます。

 

南海トラフ巨大地震と首都直下地震が発生する確率が高いのは事実です。次の南海トラフ巨大地震は21世紀中に発生するでしょう。首都直下地震も今後数十年のうちにほぼ間違いなく発生するでしょう。過去の地震の発生状況からみてもこの2つの地震はほぼ確実に起きます。しかし、ほかの地震が発生しないということではありません。日本全国で次に起きる地震南海トラフ巨大地震といっているわけでもありません。南海トラフ巨大地震や首都直下地震は予測しやすい、そして被害がとてつもなく甚大なものになる、ただそれだけの理由で話題にされやすいだけです。

 

発生周期の短い首都直下地震南海トラフ巨大地震に比べて、ほかの地震は過去の記録もほとんどなく、次の発生時期を予測することは困難です。ただ「いつ起きるか」は分からなくても、地震が起きたら起きたらどのくらいの揺れに襲われるかは予測出ています。

f:id:kum-ilo-61:20190202220325p:plain

首都直下地震モデル検討会 | 防災情報 

この地図は内閣府が2013年に公表したものです。関東地方で想定されているすべての地震(首都直下地震)にくわえて、震源の場所を特定せず、浅い場所でM6.8の地震が、プレート内部でM7.3の地震が発生した時に最悪、どれくらいの揺れになるかを表しています。浅い場所のM6.8、プレート内のM7.3は共に、過去の記録がなかったり、活断層が確認されていない場所でも起こりうる最悪規模です。M7に満たないと活断層が地表に現れないことがあるため、「活断層がない」とされている場所でも地震が起きる可能性があるのです。

 

この地図を見ると東京23区を中心に赤いエリア(震度7)が目立ちます。関東平野は富士山や箱根山浅間山などから飛んできた火山灰が蓄積してできた場所です。わかりやすく言えば砂場の上に大都市があるようなイメージです。そのため、ほかの地域に比べ揺れが強くなりがちです。

 

ここで紹介した地図は、南海トラフ巨大地震に特化した予測でも、首都直下地震に特化した予測でもありません。あらゆる可能性を考慮した震度予測地図です。最低で震度6弱、耐震性が低い建物は倒壊するレベルの激しい揺れです。日本に安全な場所はないとお分かりいただけましたか?

 

おすすめ記事 

南海トラフ巨大地震 4ケース+経験的手法=最悪ケース震度予測

南海トラフ巨大地震の震度予測は「基本ケース」「東側ケース」「西側ケース」陸側ケース」の4ケースと「経験的手法」によるものがあり、この5つを重ね合わせたものが「最悪ケース」として広く知られている震度予測地図です。

基本ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223756p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

 基本ケースは2003年に中央防災会議が「東海地震東南海地震・南海地震」の3連動地震の想定を参考に予測したもので、静岡県、愛知県、三重県和歌山県徳島県高知県震度7の揺れが予測されています。

東側ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223803p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

このケースは基本ケースから強い揺れを発生させる領域を東側にずらしてシミュレーションを行ったもので、静岡や愛知で震度7の領域が目立ち、四国にも震度7を示す赤色のエリアが広がっています。このケースで震度7が想定されているのは静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県高知県です。

 西側ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223843p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討 

このケースは基本ケースから強い揺れを発生させる領域を西側にずらしてシミュレーションを行ったもので、紀伊半島や四国で強い揺れになる傾向があります。このケースで震度7が想定されているのは静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県香川県高知県です。

陸側ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223850p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

このケースは強い揺れを発生させる領域を可能性のある中で最も陸側に設定したものです。ほぼ直下型の地震となることから、震度7のエリアが目立ちます。このケースで震度7が想定されているのは静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県香川県愛媛県高知県、それに宮崎県です。

経験的手法による震度分布

f:id:kum-ilo-61:20190201223855p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

これは「基本ケース」「東側ケース」「西側ケース」「陸側ケース」で設定した強い揺れを発生させる場所が必ず正しいとは言い切れないため、強震断層全体から距離のみを考慮して震度を予測したケースです。これまでのケースに比べて震度7のエリアは狭いように見えますが、神奈川県から鹿児島県にかけて広い範囲で震度6弱以上の揺れが想定されています。

 最悪ケース

f:id:kum-ilo-61:20190201223901p:plain

出典:南海トラフの巨大地震モデル検討

4ケースに経験的手法による震度分布を合わせたのが「最悪ケース」です。可能性はかなり低いですが、本当に最悪の場合はこのような震度分布になります。静岡や愛知、それに四国などで震度7を示す赤色のエリアが目立ちます。最悪の場合、静岡県、愛知県、三重県兵庫県和歌山県徳島県香川県愛媛県高知県、宮崎県で震度7の揺れに襲われます。

 この震度予測はあくまで予測で、場合によってはこの予測を上回ることも考えられます。この地図を見て「自分の地域は大丈夫だ」と油断するのは非常に危険です。想定外まで考慮して地震に備えましょう。

 

おすすめ記事 

活断層がない場所でも大地震は起きる!全国一律M6.8震度予測

活断層がない場所でも大地震が起きる、って知っていましたか?南海トラフ巨大地震東北地方太平洋沖地震のようなマグニチュード8~9クラスの海溝型地震は、ある程度どこで発生するか予測することができます。海溝型の地震は比較的短い間隔で発生するため、このようなことが可能ですが、内陸の活断層で発生するマグニチュード7前後の大地震の予測は困難です。内陸の活断層で起きる地震は発生周期が1000年を超えることも珍しくなく、過去に記録が残っている地震がほとんどないためです。

 

さらにマグニチュード7以下の地震だと、活断層が地表に現れないこともあります。阪神・淡路大震災熊本地震のように活断層が地表に現れていれば、活断層の場所を特定することができますが、活断層が地表にまで達していない場合、活断層の存在を確認することはできません。

 

そこで内閣府はこのようなシミュレーションを行いました。この地図は震源を特定せず、日本のどこかでM6.8の地震が発生した際に、それぞれの地域で最大どの程度の揺れが起きるかを示したものです。

f:id:kum-ilo-61:20190131215941p:plain

首都直下地震モデル検討会 | 防災情報

 

全国的に黄色やオレンジ、赤でおおわれています。震度6弱でも十分強い揺れで、場合によっては甚大な被害となることもありますが、なぜこのように地域ごとに若干の差が出てくるのでしょうか?

 

その原因は地盤の柔らかさです。地盤が固いところでは黄色(震度6弱)、柔らかいところではオレンジ(震度6強)、さらに柔らかいところでは赤色(震度7)になります。代表的な場所では東京など関東平野で赤色が目立ちます。関東平野は全国の中でも屈指の地盤の弱さで、強い揺れに襲われやすい場所です。また名古屋がある濃尾平野、そして大阪平野でも赤色の震度7のエリアが存在します。平らな場所は土砂が堆積してできることが多く、地盤が柔らかくなりがちです。そしてその平らな場所に東京や大阪、名古屋などの大都市があります。

 

マグニチュード7以下の地震活断層がなくてもどこでも起きる、そして日本全国震度6弱以上の揺れに襲われる可能性があるということを知っておいてください。(実際の震度は予測より最大2階級程度大きくなることがあります)

 

おすすめ記事 

黄色エリアも要注意!地震動予測地図は0.1%で「やや高い」

f:id:kum-ilo-61:20190130203558p:plain

全国地震動予測地図2018年版 | 地震本部

 これは2018年に政府の地震調査研究推進本部が発表した「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率」を表した地図です。正式名称は「確率論的地震動予測地図」ですが一般には「地震動予測地図」と呼ばれています。

 

切迫していると考えられている南海トラフ巨大地震や北海道東方沖の巨大地震を考慮しているため、北海道と西日本の太平洋側で赤いエリアが目立ちます。しかし、注目していただきたいのはオレンジや黄色のエリアです。

 

濃いオレンジのエリアは今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率が3%〜6%、薄いオレンジのエリアは今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率が0.1%〜3%、黄色のエリアは今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率が0%〜0.1%です。一見、ほぼ安全なように見えますが、地図の凡例をよくみてください。

 

0.1%〜3%が「やや高い」

3%以上が「高い」

 

え?と思われたかともいるかもしれません。以前から知っていたけど、どうも腑に落ちないという人もいるかもしれません。なぜ、0.1%で「やや高い」になるのでしょうか?その理由は「ほぼ分からない」からです。0.1%でやや高い分類に入ってしまうほど、この地図は誤差が大きのです。わかりやすく言うと0.1%だけれど50%かもしれないし、もしかすると80%かもしれない、とこれくらいの誤差がある地図なのです。

 

この地図で黄色(0.〜0.1%)で示されている場所でも0%の場所はありません。最低でも0.001%くらいは確率があります。そして、この確率はとてつもなく大きな誤差を含んでいる可能性があります。つまり、この地図を見て「自分の地域は危険だ」「自分の地域は安全だ」と言い切ることは不可能なのです。

 

では、なぜこの地図が公表され続けているのか?それは自治体などが地震に対する備えを進める際に、危険な中でも特に危険と思われる場所を把握して優先順位をつけるためです。決して“危険”か“安全”かを判断する地図ではありません!地震動予測地図は“危険”か“かなり危険”か”めちゃくちゃ危険”かを現在の技術で示しているにすぎず、繰り返しになりますが大きな誤差を含んでいます。

 

おすすめ記事

ハザードマップを信じてはいけない!東日本大震災からの教訓

 みなさんはハザードマップを見たことがありますか?洪水ハザードマップ、土砂災害ハザードマップ津波ハザードマップなど様々な種類がありますが、ハザードマップを過信してはいけません。

 

2011年3月11日の東日本大震災では、ハザードマップを信じた結果、多くの人が犠牲になった地域がありました。岩手県釜石市にある鵜住居(うのすまい)地区です。この地域の震災前のハザードマップがこちらです。

鵜住居浸水想定

津波から生き延びる方法『津波避難の三原則』〜釜石の奇跡から学ぶ〜 - YouTube

 

ここに東日本大震災の犠牲者を重ねます。

鵜住居浸水想定

津波から生き延びる方法『津波避難の三原則』〜釜石の奇跡から学ぶ〜 - YouTube

 

ハザードマップで色がついていないところで多くの人が犠牲になっていたことが一目瞭然です。 この地域では犠牲者の84%が浸水想定域の外側で亡くなりました。

 

一方、鵜住居地区ではハザードマップの外側にあった釜石東中学校と鵜住居小学校の生徒・児童はハザードマップを過信せず、あらゆる可能性を考えて、高台へ避難しました。この小学校は結果的に屋上まで津波にのまれました。(釜石の奇跡)

 

ハザードマップはあくまで一つのシミュレーションです。相手は自然、どんなことが起きるかわかりません。ハザードマップで危険だとされていない場所でも被害が出る可能性は否定できません。

 

ハザードマップは「ここで被害が出る」「ここは被害が出ない」ということを示しているのではなく、あくまで災害の一例を示しているに過ぎないことを理解して、見ることが大切です。

 

 

おすすめ記事